1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

2009年05月18日(月)

メルボルンでアンパン [その他のお店]

画像(175x131)・拡大画像(400x300)

けっこう,あちこちあります。

僕は職業柄,とくにここ10年ぐらい,調査や会議などで世界のあちこちに行きました。まぁ,そんな時は,たいてい長くても2週間ぐらいなので,即席の味噌汁(生タイプ)を持参したり,ちょっとした好物を持参すれば十分対応できます。
それでも海外生活が続くと,やっぱり日本の味が食べたくなります。オーストラリアは食物検疫が厳しいので,基本的には飲食物の類は持ち込めません。まぁ,メルボルンは結構日本人も多いマチなので,日本食材を現地調達することはそれほど難しくありません。醤油やごま油などの調味料を含め,結構,その辺のスーパーでも目にします。

画像(131x175)・拡大画像(300x400)

アンパン(紅豆包)1.7$

でも,どうしても食べたくなるアンコだけは,なかなか手に入りません。でもどうしてもアンコの味が恋しい人のために,今回はBread topを紹介しておきます。この店は,メルボルン大都市圏内だけで10店以上,シドニーにもあります。このチェーン店は中国系住民の多い地区に多くあるという印象ですネ。とくに新しい情報ではありません。それから,現地在住者なら,この情報は「当たり前」すぎて,別に珍しくもないでしょう。でも,このブログではまだ紹介していなかったので,あえてここで書いておきます。だって,アンコに恋しくなっちゃったんだもん(笑)。

画像(175x131)・拡大画像(400x300)

見事な? 切り口

アンパンは,紅豆包 Red Bean Bun と表記され,1個1.7$(≒140円程)です。お味の方はというと,至って普通のアンパンです。程よい甘さで,日本の味と言えますネ。アンパン以外にも,日本っぽいパンがたくさん売られているので,安く日本の味を楽しみたいならば,ぜひどうぞ。

Posted by Jun

コメント

コメント投稿フォーム

名前: (この情報をCookieに保存させたい場合にチェック )
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ


プロフィール

Jun

Jun

普段はあまり「オーストラリア」一色ではありません。本職は,大学で都市地理学とGIS(地理情報システム)を教えています。

カテゴリーリスト

検索


最近の記事

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2013 Jun's Cafe All rights reserved.
このサイトに掲載の写真・テキスト等全ての無断掲載をお断りします。